BLOG

「Adjust Admin Categories」痒いところに手が届くWPプラグイン

| WordPressプラグイン

今回はAdjust Admin CategoriesというWPのプラグインをご紹介!
どんな、プラグインかというと、カテゴリに関するちょっとした設定ができるという、すごい高機能っていうのではないですが、痒いところに手がとごく感じのプラグインで、ぼくは大概、使わせていただいております。

プラグインの概要

なにが出来るかというとこんな感じ。

  • チェックボックスが移動するのを停止する
  • チェックボックスをラジオボタンにする
  • 親の選択が出来ないようにする
  • 必須項目にする

設定画面もそのまま有効化か停止かを設定するだけの超簡単設定です。

各設定について

チェックボックスが移動するのを停止する

WPの仕様なのか、カテゴリを選ぶと、選んだカテゴリがリストので一番上に来るということになってしまいます。
親子関係があるカテゴリだとしても、その選んでいるのが子供だけだとしたら、子供だけ上がってきます。
まぁ、そうなってくると、なんか、僕個人として違和感ありますし、クライアントから変わらないようにしてくださいと依頼を受けることもたたありました。
そんな時にこの項目を有効化にすると、その問題が解消!
最初の何にも選択されていない時の順番のままで、固定してくれます。

チェックボックスをラジオボタンにする

これは、そのまんまですね。
通常のカテゴリは複数選択ができる、チェックボックですが、たまに仕様で、1個だけしか選択してほしくない場合が発生します。
そんな時に使えるのがこれですね。
有効化するとチェックボックスからラジオボタンにかわり、1個しか選択できなくなります。

親の選択が出来ないようにする

これもまんま、親カテゴリが選択できなくなります。
チェックボックスがなくなります。

必須項目にする

カテゴリを選択しないと、保存や、公開、更新ができなくなります。
絶対に選択してもらわないとだめな場合は有効化してください。

まとめ

今回は、「Adjust Admin Categories」というプラグインを紹介しました。
出来ることの機能は、凄くシンプルです。ですが、カテゴリに関しては、したかったのに出来ないのかい!っていうところを補える機能が揃っていると思います。
僕的にはこれ以上にして、動作が重くなったりするならシンプル・イズ・ベストですね。

RECENT POSTS

「reduce」を使って配列を値を処理する

data属性の取得・設定・更新【JavaScript】

変数のタイプを調べる、変換する 【Javascript】

VS CodeでLive Serverを使ってプレビューのリロードをしてみよう

メディアクエリでhoverが使えるデバイスかどうか

markdown-wasmというすごく高速なMarkdownパーサー

SNSシェアボタンをオリジナルで設置する

CSSでマスクする

クリッカブルマップのレスポンシブ対応ができる「image-map-resizer」が優秀らしい

我が家の植物たち

CATEGORY

POPULAR POSTS

PAGE TOP