BLOG

WordPressのアップロード上限を変更をさくらインターネットのレンタルサーバーでする

| SERVER

WordPressでサイトを構築していくと、誰もがぶつかるであろう最初の方の壁が、アップロードのサイズの上限が低いと(WordPressに)怒られることですよね。
そうなんです、仕事で新しいクライアントさんとか、サーバーを変更するとかで何にも処理してない場合によく言われます。
そして、怒られてから

「ああぁ、また忘れてたよ(T_T)」

って思うんですよね。
サーバー情報をもらって、アクセス出来る状態になった時のチェックリストを作りやがれ!ですよね(´∀`)

さて、今回は、さくらインターネットさんのレンタルサーバーでWordPressのアップロードサイズの上限を変更に関してご紹介します。

 上限変更設定

さくらインターネットのレンタルサーバーのコントロールパネルにアクセスする。
ログインするとこんな画面が表示されます。

画像にある「PHP設定の編集」をクリックしてください。
php.ini 設定ファイル編集」のページが開きます。その中に、テキストエリアがあるので下記を記入します。

upload_max_filesize = 200M
post_max_size = 200M

upload_max_filesize」が1個のファイルの上限
post_max_size」が1記事の上限
ということですね。

上記では200MBを上限にしております。
この部分に関しては、各サイトの設定に合わせるといいと思います。

直接centosとか触らなくてもいいので簡単ですよね。
php.iniの設定ファイル編集のところ、にぺって貼り付けて保存するだけなんですよね。

メディア > 新規追加 のページに「最大アップロードサイズ」が表示されているので確認してみてください。
サイズが変わっていたら成功となります。

大体が2MBが初期設定だったりします。画像ぐらいだったら、問題ないんですが、PDFだったり、動画とか上げたりする場合は、2MBを超える場合が多々あるので、少しは上げておくといいかもしれませんね。
それでは、またぁ(´∀`)/

RECENT POSTS

我が家の植物たち

カスタムフィールドを含む複数の条件でソートをする【WordPress】

脱jQuery!$.ajax使わない書き方

検索用のフォームを設置する【wordpress】

docker-composeをつかってWEBサーバーをたてる

カスタムフィールドを検索範囲にいれる【ACF】

WordPressに大量に投稿をインポートする【CSV】

iOSのsafariでbackground-attachmentが使えないので対策【CSSのみ】

一周回ってapple 純正メモって使いやすい

使わないとかない!flexでの間隔の設定が簡単にできるgap!

CATEGORY

POPULAR POSTS

PAGE TOP