BLOG

WordPressに大量に投稿をインポートする【CSV】

| プラグイン

製品を紹介するようなサイトを作る場合
大量の製品ページを作る場合など
WordPressにデータがあり、全く同じカスタムフィールドなどを使う場合は、
普通にエクスポートとインポートをするだけなんですが、
製品情報なのど基幹システムとかエクセルファイルとかに情報がある場合など
普通は手入力なんですが、CSVでインポートするのがまぁエンジニアとしては一般的かなって
ってなわけで、その方法をメモ!

インポートファイルを作る

一番面倒なのがインポートするためのファイルをつくることです。
正しく、記載されてなければちゃんとインポートできないんです。
ってなわけで、インポートするときに使うカスタムフィールドとかを
どう整形するかっていうことなんですよね。
インポートするプラグインのページとかにテンプレてきなのファイルがあったりしますが
カスタムフィールドがあったらテンプレ使えません。
それにACFを僕は使ってるんですが、ACFは特殊なんですよね。
ってなわけで、カスタムフィールド毎エクスポートできるプラグインをつかって、
自分の形にあったテンプレ作っちゃおうっていうってことです。

エクスポートには「WP CSV Exporter」を使います。
インストール・有効をします。
ツール>CSV Exportをクリックしてエクスポートの形式を設定します。

タブで投稿タイプを選択できるんですが、カスタム投稿タイプだと有料なので
カスタム投稿の場合は、投稿か固定ページにカスタムフィールドを有効にして、
カスタム投稿と同じ状態をつくります。

今回は投稿に設定したとします。
タブで投稿を選択して

イメージとしてはこんな感じ。
インポートの必要な項目を選択します。

Othersの部分に、書き出す投稿の条件とかありますが、
テンプレつくるためなので、基本的には放置でいいと思います。
これで、テンプレつくれるので、これに合わせて情報を整頓してください。

インポートする

インポートは「Really Simple CSV Importer」を使って行います。
インポート方法はツール>インポートをクリック
CSVのインポートします。
インポートファイルを選択してインポートです。
インポートはこれだけです。

カスタム投稿の場合、投稿タイプを変更する

インポートしたら投稿にインポートされてる状態になってます。
これを任意のカスタム投稿に移動させます。
「Post Type Switcher」を使います。
変更方法は、投稿の詳細ページの右上の公開情報などがある場所に
投稿タイプを編集ボタンがあります。
これで一個ずつ変更できるけども、今回は大量の情報を移行するってことなので、
投稿一覧で一括編集で投稿タイプを変更してください。

今回はACFとかカスタム投稿タイプをつかうけども
無料のプラグインでする方法です。
有料なら、こんなことしなくても一括でできるプラグインはいくつもあるようです。
使ったことはないので、わかりませんw

RECENT POSTS

「reduce」を使って配列を値を処理する

data属性の取得・設定・更新【JavaScript】

変数のタイプを調べる、変換する 【Javascript】

VS CodeでLive Serverを使ってプレビューのリロードをしてみよう

メディアクエリでhoverが使えるデバイスかどうか

markdown-wasmというすごく高速なMarkdownパーサー

SNSシェアボタンをオリジナルで設置する

CSSでマスクする

クリッカブルマップのレスポンシブ対応ができる「image-map-resizer」が優秀らしい

我が家の植物たち

CATEGORY

POPULAR POSTS

PAGE TOP